人の心が自由になる、キャパの限界が広がる方法。

ゆーきちゃん

こんにちは。元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

明日は新月ということもあり、

少し前に忘備録としてつくっていた新月満月のページの表の下に、
こっそりポイントのみ記してみることにしました。

 

こっそりの理由は、
月の暦を意識しはじめて10年以上経つのですが、
ホロスコープに明るいわけではないため。

餅は餅屋におまかせするに限りますね^^

わたしは「意識の方向づけ」さえできれば充分なので、
エッセンスだけとらえるようになって久しいです。

 

さて、この、

意識上にのぼらせておく、
意識の方向づけをする、

というのが、
けっこうだいじなのですが、

今回はそのあたりのことを
書いてみようかなと思います。

 

年が明けた早い段階でお伝えできることにも、
なにか意味があるのかもしれません。

 

それでははじめていきますね。

 

変えようとするほど、変えられない。

わたしは自分のことが好きでなかった時期が長かったので、
ずいぶん長いこと「自分を変えたい!」と思っていました。

 

素敵な人を見ては、いいな、と思い、
魅力的な人を見ては、その魅力を自分にも、と思って、

「変わること」に意識を向けてきました。

 

「自分を変えさえすれば自分のことを好きになれる」

と本気で思っていたのですが。。

実際は違っていました(苦笑)

 

本当は、

 

『本質の自分』に還ることを
丁寧にやるだけだったんです。

 

それがわかってからは、
自分を大きく変えようと無理することがなくなりました。

 

そもそも、
自分を大きく変えようとすること自体に無理があることを、
その当時はよく知らなかったんですね^^

 

人の心にはキャパ(許容量)があって、
そのキャパには限界があるのですが、

 

人は自分の人生に「変化をもたらす何か」を知った瞬間、
無意識のうちに、一度意識にそれを取り込み、受け容れようとします。

 

「受け容れる」のは、愛の特性ゆえ、なのですが、

その結果、
自分のすべてを変えようとしてしまいます。

 

けれども、
受け取れるキャパは、
(月換算で)全体の5%未満といわれていて、

それ以上は、
どんなに無理をしても、無理がたたるだけで、

結果、元の状態に引き戻されてしまう、
ということなのです。

 

想像してみてください。

 

たとえば、
全部で100万円あったとして、
自分が受け取れる能力は5万円にも満たないのです。

 

少ない、と思ったのではありませんか?
もっと受け取れたらいいな、と思いませんでしたか?

 

もし自分の受け取れる能力が20%あったら、
20万円(4倍増し)になるんですよ?

 

これってすごくないですか?

 

あなたは5%未満を受け取れるほどの変化を起こしますか?

それとも、

もうちょっとがんばって
(といっても、5%のときの4倍のがんばりになるのですが)、
20%分を受け取れるほどの変化を起こすことを試みますか?

 

もっと受け容れたい、もっと変化したい、と、
意志の力(思考)を使いはじめると、

当然のことながら無理が生じてきます。

 

なぜかというと、

受け取れるキャパの5%を超えてしまうと、
変化という負荷に耐えられなくなり、

しまいには心が壊れてしまうからです。

 

負荷をかけすぎると、元の状態に戻されます。

元の状態に戻すことによって、
負荷のかかった心のアンバランスを整えるためです。

 

実際には、
なんらかの不具合が生じて「変化すること」にストップがかかります。

たとえば、
心が壊れてしまうことで、
変化することを諦めさせるのです。

こうして、みずから強制終了をかけることによって、
自分自身を守っているのですね。

 

一瞬で、環境がことごとく変わってしまう、
自然災害に遭う、宝くじに当たる、
などのときによくみられるといわれています。

 

変わろうとするとき、

もしそこに意思の力を働かせるなら、

キャパを超えて受け取ろうとする「無理」をしやすくなり、
その結果、受け取れない(挫折する)可能性が非常に高くなる、

といえます。

 

では、どうすればよいのでしょうか。

 

意思の力(思考)の代わりに、
何を使うでしょうか。

 

ただ知るだけで充分、の意味。

知っておくとよいことのひとつに、

「人はいきなりは変われない」

というのがあります。

 

人はいきなりは変われないからこそ、

「ただ知っていく」必要があります。

 

知ることで、心が動くのです。
知ることで、意識の方向づけがされるのです。

 

それはあなたに、動き出す力、を与えます。

 

5%未満の変化を起こせるだけの準備ができたら、
変化に必要なエネルギーが十分蓄えられたら、
自然と動きはじめることができるでしょう。

 

また、誰かの意見は、聞きはじめるときりがありません。

なぜなら、
何かとの比較によって生まれたものであったり、
誰かから植えつけられた信念だったりするからです。

それは『本来の自分』にとって有益ではありません。
真実から遠いばかりか、
もし従ってしまった際には、
結果、自分自身を見失わせることになるでしょう。

 

誰かの意見は、聞くだけで充分です。
「その通りだ」と思ったとき以外は、
従う必要はないのです。

 

決めるのは、いつでも自分です。

 

「ただ知っていく」

無理する必要はなく、
焦る必要もありません^^

 

運命そのものに働きかける。

「ただ知っていく」ことによって、
変化が起こりはじめます。

 

意識に沁み込ませることで、

『本来の自分』が反応します。

心も反応します。

 

それは「意識の方向づけ」がセットされたということ。

 

考えるよりも、感じることで、
わたしたちは、心とつながれます。

心は『本来の自分』(霊性)の状態をあらわしています。

心に沁み込ませることによって、
今世での人生が『本来の自分』と一致してきます。

いわば、運命そのものを味方につけるのです。

 

運命そのものを味方につけることほど
心強いことはないと思いませんか?

 

思考の力を駆使するより、
運命の流れという力を使う方が確実なのです。

『本来の自分』を生きる、ということです。
「自分の本質から生きる意味と目的。」を見る

 

ただ、知ることです。

そして、できる範囲を決して超えないことがポイントです。

自然に「無理なく動ける分だけ」動くのです。

 

無理しがちは人は、
無理と無理じゃない境目を見つけるところからはじめる、
そういうことすら「知ること」だったりします。

これも『本来の自分』に還るプロセスです。

 

自分自身を丁寧に、ひとつずつ知っていく、
その一歩一歩が、
いつか振り返ったときに大きな変化となっているのです。

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
このブログを投票する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です