『本来の自分』と向き合うたび、「好き」の質感が変わっていった。

こんにちは。元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

前回は、
プロフィール3「自分のことを知ると、世界が展開を見せていく。」を見る
をお伝えしました。

 

今回はその続きを書いていきたいと思います。

 

それでははじめていきますね。

 

「いい子ぶってたなんて知らなかった」人気の裏のこころの悲鳴。

あっという間に達成したNo.1の快挙は、
その後も更新し続け、

在籍していた3年とちょっと、
No.1を維持し続けました。

 

朝8時半から始まる電話予約は、
2本ある電話回線のうち1本は使わずに対応。

それだけ電話が鳴る女の子だったと、
のちにボーイさんからうかがい知りました。

 

あるお客様から

「ゆーきちゃんの予約を取るのは、
コンサートのチケット取るより大変だよ」

と言われたときはびっくりしました。

 

なぜなら、

わたしは1日5人のお相手をするだけです。
わかるのはその事実のみ。

確率に関してまったく考える知識もなければ、
接客以外のことを考える余裕もなかったのです。

 

あるときお客さまが、
「姫予約」という知恵を授けてくださいました。

「姫予約」とは、
姫が直接、お客さまからご予約をいただき、
それをお店に伝えることで
来店当日の朝の電話争奪戦に
参戦せずに済むシステムのことです。

緊張しいなわたしにとってもまた、
あらかじめいらっしゃるお客さまを
把握しておけるメリットがある、
精神衛生上とてもありがたいシステムでした。

 

ご指名さまだけで埋まってしまうことは、
もはやありふれたものになっていましたが、
「姫予約」の影響で、
当日予約枠が無くなってしまう日もよくありました。

そういうときはきまって、
ネット上ではお休み(実は出勤している)
になっていました。
(でないと、電話が鳴ってしまうため)

後日、来店されたお客さまから
「ゆーきちゃん、具合悪かったの?」
と聞かれることもよくありました。

 

文字通り、順風満帆な毎日を送っていました。

 

ところが、
わたしは「いい子」ぶっていただけだったことがわかります。

「からだの悲鳴によって」
そのことに気づかされることになったのです。

 

「自分に嘘をつくなんてできない」

半年ほど経ったころのこと。

お店に出勤し、荷物を置き、
個室のベッドに腰かけた瞬間、
動けなくなってしまいました。

 

ぎっくり腰。

 

治療を受け、
からだを整えるだけでは不十分だと悟りました。

 

こんな事態になってやっと、

もう自分に「嘘」をつき続けるのは限界!

という声(『本来の自分』からのメッセージ)を
受け取ることができたのです。

 

充分な結果を出せていても、
自分をないがしろにしてつくりあげたものは、
とてももろく崩れやすいです。

どんなに上等なテクニックやメソッドを手に入れたとしても、
「本音(『本来の自分』)」で人生を生きないかぎり、
その恩恵を「”最大限に”受け取ること」も、
「”最大限に”発揮すること」もできないでしょう。

 

そのことにいち早く気がつき、
自分の本音(『本来の自分』)とつながり、
自分自身を生きる力をつけるのか、

自分の本音(『本来の自分』」を、
“無かったこと”にして
体裁だけ整えばいい生き方(妥協)を続けるのか、

 

人生はそのどちらかでしかないことを、
身をもって学ぶこととなりました。

 

「わたしは本当のことが知りたい!!」

実際にしている”本質的な選択”は

物事の選択でもなく、
最高最善の選択でもなく、
この2つだけ。

「本来の自分を生きる」のか、
「やめる(妥協する)」のか。

 

人生は、瞬間瞬間の選択のつらなり。
それぞれの選択は「人生の分かれ目」とも言われます。

選択はすべて自分で決めることができ、
自分以外の誰かに決めてもらうことは決してできません。
(誰かに決めてもらうことを「決める」のも自分)

 

たとえ、
どんなに妥協し続けた人生を送っていたとしても、
誰にも迷惑はかからず、
「文句や愚痴を言ってたいだけの(変わる気がない)人なんだな」
と認識されるだけです。

 

人は、「生きようとする人」に手を差し伸べ、
心から応援してくれます。

今、どんなに現状がだめだめな人でも。

 

わたしは今の自分をもっと好きになりたかった。

自分に素直になりたかったし、
心からくつろげるようになりたかった。

 

「いい子」ぶらないと生きていけないだなんておかしいし、
自分をないがしろにしてまですることなど何もないと思う。

人のせいにするのも自分のせいにするのも、
何ひとつ本質的な解決をもたらすことはない。

 

今、動かなくていつ動くんだろう。

 

このままの自分でい続けるのはもう嫌だ。
小手先の手法などわたしには通用しない。

 

わたしは本当のことが知りたい!!

 

そして、わたしは
「自分を深く知っていくこと」に、
時間とお金と労力を投資しました。

 

具体的には、
まとまったお休みをもらって、
オーストラリアで自然療法を学んできました。

ヒーリング三昧だった2ヶ月半。
(英語は話せません^^)

 

ただ存在しているだけでいい、
ということが次第にわかってきました。

好きなことをして生きていけばいい、
ということも次第にわかってきました。

 

最初は思考が邪魔してわからなかったけれど、
少しずつ、少しずつ、
余計な力を抜くことができるようになってきました。

 

すっかり健やかさを取り戻して、
帰国後早々に復帰。

『わたしのことなど忘れ去られているかもしれない』

少なからずあった心配と怖れも、
取り越し苦労でした。

 

その後、円満に風俗の世界をあがるまで、
こころもからだも壊すことなく、
No.1を維持し続けることができました。

 

しかし、その後またも紆余曲折があり。

さらに現状を切り拓くために、
もう一度、復帰を果たすことになるのですが。。

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
このブログを投票する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です