あなたがすることは『存在まるごと受け容れること』

こんにちは♡、元No.1風俗嬢ゆーきです。

平均月収150万円稼ぎ続けた元風俗嬢ゆーきが、
どんな風に取り組んできたのか、を紐解いていく、

ゆーきちゃんの『やってみたらうまくいった♡』シリーズです。

 

前回は、
①「あなたはなぜ風俗嬢になったのか?」を知る
についてお伝えしました。

 

今回は、『あなたが稼げる姫になる』全体像の2つ目、

②「お客さまは何を求めているのか」を知る

について、お伝えしていきたいと思います。

 

また、最初から読んでみたい、というあなたは下のボタンから、
『あなたが稼げる姫になる』方法を知ることができます。

 

では、はじめていきますね。

 

②「お客さまは何を求めているのか」を知る

「あなたの目標を叶えるためにすること」が明確になる

あなたは
「お客さまに何をあげたら喜ぶのか」
を知ることによって、

「あなたの目標を叶えるためにすること」
が明確になります。

 

「あなたの目標を叶えるためにすること」を明確にするメリットとは何か?

あなたが
「あなたの目標を叶えるためにすること」
を明確にするメリットは、

はじめに他者をしあわせにすることによって、
あなたがしあわせになれる

(あなたがしあわせになるには、
お客さまをしあわせにしないことには成り立ちませんよ、という意味)

これがセットされるからです。

 

これは本当にだいじなことなのですが、

「あなたの目標を叶えるためにすること」は、
「あなたがよかれと思うもの」のではなく、
「お客さまがしてほしいこと」を設定します。

 

「お客さまは何をしにきているのか」
「何を求めているのか」
を深く理解することです。

ここを間違えなければ、
あなたは必ず、
よいお客さまに愛されながら『稼ぐ姫』になるでしょう。

 

このメリットを認識せずに、
行動だけ起こしてしまうと、

気分にムラのある一貫性のない接客、
お客さまをないがしろにした時間給だけいただければいいという働き方、
など、

『稼げない姫』の典型を過ごすことになってしまうことを、
よく覚えておいてくださいね。

 

お客さまが風俗に求めているのは
『存在まるごと受け容れられること』

さて、お客さまは風俗に何をしに来るのでしょうか?

お客さまが風俗に「何を求めてくるのか」考えたことがありますか?

 

ゆーきは、以下のようにとらえています。

 

一番表面(1層目)の意識では、セックスをしに来ます(身体的充足)

2層目では、リフレッシュしにきます(日常の雑事から解放、精神的充足)

3層目では、癒しのひとときを満喫にきます(空虚感を埋めに、感情的充足)

4層目では、受け容れられにきます(需要・許し、存在肯定)

5層目では、『本来の自分』を実感しにきます(自己肯定・自己承認、存在肯定)

 

それらのどの層が優位にあらわれるかは、
お客さまにもよります。

また、お客さまの人生のイベントなどにより、
あらわれかたは常に一定ではありません。

 

あなたがよいお客様に恵まれ『稼げる姫になる』たったひとつの方法

全身全霊でお客さまを満足させること

あなたがよいお客さまに恵まれ、
『稼げる姫になる』たったひとつの方法は、

【お客さまを満足させること】です。

 

満足とは、
求めているものをあげることで起こり得るものです。

 

あなたは、
「お客さまが求めているもの」をあげることができていますか?

 

膣で受け容れるだけでは喜ばれない

先ほど、5層の意識それぞれで「求めていること」を挙げてみました。

ゆーきはざっくり5層でしたが、
人によってはもっと多かったり、少なかったりなど、
認識は異なると思います。

 

セックスは、「自己肯定」を体感させることが可能な、
方法としては、とてもシンプルかつ強力な方法のひとつ、です。

ただし、文字通り「身体を売る」だけでは、
そのメリット(「自己肯定」の体感)を提供することはできない、
と考えておいた方がよいでしょう。

 

あなたが、気もそぞろで、膣だけ提供したのでは、
お客さまの心には、空っ風が吹くばかりです。

お客さまは、セックスという行為を買いにいらしていますが、
セックスを求めているのではないのです。

 

「無条件に愛されること」を叶えてあげること

お客さまは何をしにきているかというと、

セックスという行為を通して、
他者肯定、自己肯定、ともに在ることの肯定(深層の欲求の充足)
をしているのです。

あなたが全身全霊で、お客さまと向き合うからこそ、
そのメリットを受け取っていただけるのです。

『存在まるごと受け容れられること』
をもっと平たく言うなら、
無条件に愛されること、と言えるでしょう。

 

無防備な『素の自分』があらわれたお客さまが好き♡

いかに安心して、お客さまに『素の自分』をさらけ出していただけるようにするか

たとえば、
筋肉をつける、
知識をつける、
肩書きをつけ社会的に(あるいは特定の個人に)認められる、

などで磨きをかけてきた、
『本来の自分』以外の外側にあるものにつながり
(自分の肉体でさえ、『本来の自分』からすると「外側」なのです)

つまり、お客さまが外の世界に見せている「殻」をとってあげることで、
「無防備な自分、ではダメだ」と思っている”思い込み(パターン)”に、
意外性を与えることができます。

 

『えっ?無理してカッコつけなくていいの?』

 

『何もしてなくても受け容れてくれるの?』

 

お客さまにそう思わせることができたなら、

あなたは、お客さまとご一緒に過ごす100分が、
たったの100分、
あっという間の100分、
に変わります。

(ゆーきの在籍していたお店は100分コースだったので、
例を100分としていますが、
あなたはあなたの過ごすお時間を当てはめてくださいね)

 

『素の自分』をさらけ出せるとどういうことが起きるか

『素の自分』をさらけ出せると、
お客さまにどういうことが起きるかというと、

 

・安心できた
・居心地よかった
・楽しかった
・しあわせだった
・時間が足りない(もう少し一緒にいたい、の意味)
・(帰りがけ)後ろ髪引かれる
・(普段の日常)”一緒に過ごしたこと”を思い出す
・また逢いたい

 

などを感じていただけます。

ついでに、あなたへの好感度も、
もれなく急上昇します。

 

お客さまの想定を裏切ることです。

お客さまが期待していた想定の斜め上をいくのです。

 

想いもよらなかったことが起こると、
人は心を動かされます。

 

感動は、お客様がほしかったもの。

 

存在まるごと受け容れてくれた喜びは、
お店を出た後、
何度も何度も再現していただけるのです。

 

風俗に従事したことある姫ならうなづける確認事項

どんなに余裕がありそうなふるまいのお客さまでも、
そう見せているだけで、実は、案外自信のない方は多いものです。

むしろ、
「男性とはそういう生き物だ」、
くらいに思っている方が、

あなたは不平不満を抱くことなく、
優しい気持ちで、お客さまとのひとときを充実したものとすることができるでしょう。

 

お客さまは

男性自身の形や大きさ、
プレイ時間、
他の方のプレイスタイル、
「自分は嫌われているのではないか?」
「ボロが出て、嫌われてしまったらどうしよう」
など、

思った以上に気にされています。

 

とてもデリケートです。
ほんのわずかなダメージすら与えてはなりません。。

 

しかし、お客さまがなんだかんだと思ったところで、
お部屋に入ってしまえばふたりとも真っ裸なわけです。

セックスして、マットもして、
あらぬ痴態をさらすわけです。

カッコつけるもへったくれもありません。

 

どうせ、ご対面してから”ほんの何分かで”バレてしまうのです。

 

風俗の世界に従事していれば、
これらはありふれた風景としておなじみだと思います。

 

ならば、あなたができることはただひとつ。

 

お客さまは「『本来の自分』を生きるサポートを受けに」やってくる

あなたがするたったひとつのことは、

【お客さまを満足させること】。

お客さまが求めているものをあげること、

具体的には、
『存在まるごと受け容れること』です。

 

こうして、居心地よく過ごしてくださるお客さまは、
本来の自分』があらわれて、
余計な力が抜けた、魅力的な瞳と穏やかな顔だちになります。

その存在に出逢える姫はしあわせ者です。

一度踏み込んだら「辞めるに辞められない」印象を持たれがちな風俗の世界ですが、

上述したような側面もあるのもまた風俗の世界です。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村を見てみる
この記事に投票する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です