しあわせな人生は、「助けて」が言えると見えてくる。

こんにちは、元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

ふと、どうでもいいことを思い出して、

あまりのダメっぷりに、
差した傘で顔を隠しながら、
ひとり笑った雨の朝のできごと。

 

(ぐでんぐでんのダメダメなお話です。)

 

3年半ほど前に、
うっかり恋に落ちてしまったわたしは、

その1ヶ月後に、
その相手が家庭を持っていることを知り、

一度落ちてしまった元の場所には、
もう戻れないことを悟り、
(恋ってなんで落ちるんだろ?なんで戻れないんだろ?)

ウキウキ気分で一緒にでかけたその場所で、
一瞬で、途方に暮れてしまったのでした。

 

(想いの行き場を失ってしまうつらさって、
本当に言葉にならないものですよね)

 

ところが、
あまりにもおめでたかったので、

「がんばれば成就する」

と勘違いはなはだしく、

めっちゃがんばって、

 

結局、2年くらい大好きだったな。

 

で、朝思い出したのがここから。

 

友達と飲みに行ったお店で、

(わたしは飲めない性質(たち)なので)、
たしか2杯も飲んでなかったはずなのに、

トイレを占拠し戻れない、
リバースしたくても催さない、
友達待たす、
お店の人に相当気遣われる、

などなど、
迷惑をまき散らし、

 

挙句の果てに、

 

お店を出てすぐしゃがみこみ、

リバース。

 

そして、

お水で口をゆすいでまもなく、

通りがかった外国人の方と目が合い、

 

「あいらーびゅー」

と言ったらキスされた。

 

なんかとっても不思議だった。

 

『逢って1分もしないうちに、
キスしちゃうことってあるんだ』

 

風俗の世界ではもはや当たり前すぎて、
何も感じなくなっているようなことでさえ、

シチュエーションが変われば、
その同じことが、

めちゃくちゃ新鮮になる。

 

そもそも、お酒弱いことは重々承知しているから、
こんなできごとは後にも先にもこのときしかない。

どうしようもない失態だし、
もうこういうのはないだろうな、とも思う。

自分のふがいなさを、
まだこの頃は思いっきり持て余していて、

どうしたらいいのかわからなかったことが、
今ではよくわかるし、

「そのどうしようもなさ」が、
とんでもなく愛おしかったりもする。

 

でたらめとか、はちゃめちゃとか、

人は、想起できないものを怖れるしくみ、をもっているから、

つい「予定調和的に」振る舞ってしまってしまいがちだけれど、

 

本当は、
『本来の自分』を振る舞わないと、
わたしたちは徐々に狂っていってしまう。

 

だから、安全な場で、
「安全に壊れる必要」があるのだけれど、

 

そういうことを知らずに、
小さく壊れるしかなく、

何にもなれなくて、
心を閉ざすしかなくて、

困っている人がたくさんいる。

 

だから、失敗だ、失態だ、黒歴史だ、なんて言って、
笑い話にできちゃうくらいにすると、

世界はとても「自分にとって」優しいものに変わる

 

自分がそう決めてしまうだけでそうなるのだけれど、

そう思っていい、と決めるまでが大変なのだ、と、
世の多くの人は言う。

(だから、ゆーきはこのブログをはじめることにしたのだけれど)

 

さて、話は戻り。。

 

友達とその人が何か話して、
そのまま3人でその人の家に行く流れに。

制御不能はわたしは、
ふたりに抱きかかえられながら運ばれていった。

リバース直後にキスした場所から、
5分もかからないところに、
その人の住まいがあった。

 

連れていかれてすぐに服を脱がされセックスをした。

え、なんでそうなるの?というくらい、
とってもなめらかな描写で。

 

まだ相当酔った頭と身体でどうしようもなかったはずだけれど、
冷静に友達がそれを受け容れていたことは覚えている。

 

人にセックスを見られたのもこのときだけ。

 

恥ずかしいとか、
見られて興奮するとか、
そういったことは皆無だった。

そんなことよりも、
とにかく酔っぱらいすぎてた。

 

親子ほども年の離れた友達だったのだけど、
あのとき彼女がいてくれてよかった。

 

こんなにグズグズでだらしない自分を、
これまで誰にも、
(自分自身にさえも)、
見せたことがなかった。

そのことはずいぶん後になってから気づいた。

 

それをはからずも出し切ってしまった。
そしてそれが静かに受け容れられていた。

 

「自分のままでいい」

 

言葉で言うのは簡単だけど、

 

実際は、

「ここまで出したらダメなんでしょう?」

というボーダーラインを察知して、
誰かの期待を生きてしまいがち。
(支配側にある人。主に親とか教師とか上司とか)

 

その範囲内での「自分のままでいい」を生きながら、

本来の「自分のままでいい」

ができていると思い込んで、
しまいにそのギャップに苦しんだりする。

 

彼に愛されたがる自分が嫌だった。
ほどききれない執着が苦しかった。

これは「パターン」だ。
相手を変えても味わうことになる、
今の自分を変えたいなら、
必ずアップデートしなくてはいけないやつだ。

 

でも、そのお蔭で、
「無言の助けて」が発せられた。

たぶん人生の無様さの中で、
5本の指に入ると思う。

 

無様って素敵だ。
その中には宝物があったから。

自分自身を出せたこと。
自分自身まるごとが受け容れられたこと。

 

ぼろぼろで、ぐだぐだで、
これ以上だらしないダメダメな自分はいない、
というのを何回かやったら、

無様の認識が変わる。

はたから見たらどんなにみっともなくったって、
それがただのわたしだということが、
自分自身の中で「当たり前」になっていくから。

それを、しあわせな人生、っていうんじゃないかと、
わたしは思っている。

 

絶対楽だもんね。

わたしであることを妥協しない、
無理した姿でいる必要がない、

それは人をも楽にすることだから。

 

「助けて」って言えたらいい。
言葉でも、行動でも、どんな形でも。

 

あちゃーって、
目を覆いたくなる、
頭を抱えたくなる、
できるならこのまま封印しておきたいできこと、
あなたにはありますか?

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村を見てみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です