しあわせとは「あなたが喜ぶ価値をあなた自身に提供すること」

こんにちは。元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

もしあなたが個人経営をされているなら、
「価値提供」について、
すでにご存知かもしれません。

 

また、
店舗型、非店舗型のいずれかに所属して
働いている風俗嬢の方も
「知っておくとよいこと」なので、

 

今回は、
「価値を提供すること」について
お伝えしていきたいなと思います。

 

これは、
仕事だけでなく、
家族やパートナーシップなど、

人間関係のすべてで役立ちます。

 

価値が提供できるようになると、

自分にとって価値あることを
自分のために与えることもできる
ようになるので、

一石二鳥以上の価値を
感じられると思います。

 

では早速はじめていきますね。

 

お客さまは「何しに来ているのか」を知ること。

そもそも「価値を提供する」とは、
どういうことなのでしょうか?

 

それは、

「しあわせという状態」を提供すること。

 

これを言い換えると、

風俗に遊びにいらっしゃるお客さまは、

しあわせという状態を得るために、
足を運び、お金を払っている

ということなのですね。

 

関連記事

お客さまが価値提供されたと感じることは、
わたし自身の経験から、
大きく5つに分けられると考えます。

『存在まるごと受け容れられること』

 

そして

「人気が出る」
「ご指名が増える」

とはこういうことです。

 

  1. お客さまに価値を提供することがサービス
  2. 価値を感じていただけることで喜んで対価を支払っていただける
  3. その価値が支払った対価よりも上回ったときにリピートされる

 

業態や規模が異なっていたとしても、
これがすべての基本形になります。

 

ルーティンより幸福度を優先。

風俗嬢の場合、
(わたしはソープ嬢だったので、
ソープを例にお話しします)

 

入店して間もない時期に、
マット講習を受けます。

その際に、
接客の一連の流れを学びます。

 

素人デビューの女の子は、
新人扱いされる最初の3ヶ月くらいまでは、
このルーティンを繰り返すことになるのではないでしょうか。

(要領のいい女の子だと、
もっと早い段階でオリジナリティを出せるかもしれません)

 

ルーティンを求めていらっしゃるお客さまは
当然一定数いらっしゃいます。

なぜならそれは「王道」だから。

 

わたしも基本は
それを大きく逸脱していませんでした。

 

では、人気嬢と暇嬢とでは、
いったい何が違うのでしょうか?

それはルーティン以上の
「お客さまが求めている価値」
提供していたからです。

 

お客さまが話されていた
「売れない女の子」の3大特徴は
以下の通りです。

 

「売れない女の子」の3大特徴

  1. 不愛想
  2. 流れ作業
  3. 演技っぽい

 

心を込めても込めなくても、

お時間まで一緒に過ごすこと、
提供するサービスを行うこと、

は可能です。

 

けれども、
「動き的には同じ」だったとしても、
感情的エネルギーが通い合うか否かで、

いとも簡単に、
ハズレ嬢のレッテルが貼られてしまうことがあるのです。

 

これは本当に精妙なレベルの話で、

ほんの少し感情的エネルギーの通い合いが
ズレてしまっただけで、

ほとんどの場合、
挽回がきかないまま
お時間を迎えてしまうほどです。

それくらい繊細な気配りが要求されます。

 

お客さまは、
ただ技術だけを受けに来ているわけではありません。

風俗嬢は、
技術の提供でお金をいただいているわけではないことを、

深く理解する必要があります。

 

 

お客さまより先に、自分がしあわせになること。

しあわせは感染します。

 

自分が先に相手のいいところを見極めて、

いいところを持った人と一緒に過ごせるしあわせ
を思って過ごしていると、

相手は受け容れられているしあわせに浸った
ひとときを過ごしてくださいます。

 

しあわせを感じていただけている時間と空間は
とてもいいエネルギーがめぐります。

 

気持ちよく過ごしていただければ、

リスクを冒してまでして、
他の子に入ろうという気が起こらなくなる方が
ほとんどです(経験から9割以上)。

 

「また逢いたい」、
と思っていただける過ごし方をするだけで、
営業の必要も無くなります。
(つまり、勝手に予約が入ります!)

 

「また逢いたい」と思っていただけるたった1つの過ごし方

  • そのお客さまと過ごすひとときに集中する

 

この過ごし方を徹底することによって、

  • 思いやる
  • 笑顔
  • 自然体

などが自然とできるようになります。

 

 

 

しあわせとは「自分が喜ぶ価値を自分に提供すること」

相手のいいところを見つけられるということは、

自分自身のいいところも、
見つけ、認めることができる要素を持っている、

ということです。

 

接客においては、
お客さまに喜んでいただいて、
満足度が高ければリピートしていただけます。

 

これを自分自身に当てはめると、

  • 自分自身をいたわり、
  • 楽しませ、
  • 希望を持たせる、

ということです。

 

つまり、
「価値を提供する」というのは「愛」なんですね。

 

もし、自分に愛を注ぐことが苦手なら、
接客も苦手かもしれません。

けれども、
このしくみを理解することで、

自分にできることから
「価値を提供すること」の実践は
いくらでもできます。

 

わたしの場合は、
自分にするのは苦手で、
人にはすんなりできました。

逆の方が実践しやすい、
という方もいらっしゃると思います。

 

お客さまに喜んでいただけるよう、
自分自身もめいっぱい喜べるよう、

「価値提供」
ぜひトライしていただけたら嬉しいです。

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
このブログを投票する
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です