素直とは「自分」を知ること。

こんにちは、元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

今日は、このブログのことをまったく知らない、
ちっともアラサーに見えないかわいい女の子から、

「素直になれない」(←前回書いた記事)と伺い、

タイムリー過ぎてびっくりしました。

 

まるでテストの予習をしたかのような気分で、

書いた内容そのままにお話しさせていただいたら、

「すごく納得できる」

とリアルフィードバックをいただきまして、

 

その後しばらくの間、
ひたひた感動に浸っていたのは秘密です^^

 

「なんだ、そういうことだったのか」

と、その”からくり”がわかってしまえば、

波風立っていた感情は和らぐもので。

 

つらい想いをしていたときも、
そこから抜け出たあとも、

変わらず、
大切な人(自分と同じく、素直になれない相手)のことを、
愛しているということ。

 

大切に想うからこそ、
その相手の痛みを分かち合う。

そして、

その苦痛を持て余しながら生きる人生があったからこそ、

「その苦しみはもう手放して大丈夫なんだよ」、
「あなたはもう楽になっていいんだよ」、

とその相手に伝えることができるようになる。

 

もちろん、
相手に伝えられるようになる前に、

自分自身に対して、

「その苦しみはもう手放して大丈夫」、
「わたしはもう楽になっていいんだ」、

これを血肉にしていくプロセスがあることは、
言うまでもありません。

 

血肉に変えることで、

あなたの「当たり前」の水準がぐんと上がり、
さらりと受け容れ許せるようになっていくと、

人を受け容れ許せるようになっていき、

べたべたした親密さから、
ほっこりとした親密さに変わっていきます。

 

上を見たらきりがないものだけれど、

 

昔の自分より今がいい、
と思えるようになったら、

本当に人生が楽になっていきます。

 

ちょっとイメージしてみてほしいのですが、

 

「今日より明日の方がいい感じ」

春みたいな「兆し」を感じる今日を送っている自分。。

 

そんな風になれたら素敵だと思いませんか?

 

これは”たられば”の話などではなく、

本当にそうなっていくので、

周りに気づかれないように、
こっそりと実験してみてほしいな、
と思っています。

 

そして、

「春みたいな人」を
地で生きていく人が増えたらいいな、
と思う気持ちがゆーきにはあります。

 

女の子はみんなきれいに咲いたお花みたいな存在だから、

 

女の子が、無理することなく、美しく咲けるよう、
この活動を長く続けていきたいと思っています。

 

「自分」とは、自らを分けたもの。

素直になるには、
「分けた自分」を知らなくてはなりません。

前回、
素直とは「素(もと、つまり『本来の自分』のこと)とまっすぐつながった状態」
とお伝えしました。

「分けた自分」とつながることが「素直」であるなら、

「分けた自分」とつながることを諦めたり、
抵抗したりしている状態は、
「自分」ではないということ。

 

「わたしはあなた、あなたはわたし」が、
あなたの世界です。

それは「自分」のことをあらわしているのです。

 

「わたしとあなた、どちらがあってもよい(どちらも必要)」

それが「自分」、

陰陽が統合した状態です。

 

もし、あなたの体験している世界が荒れているなら、

あなたの内側も必ず荒れています。

 

あなたの内側を整えていくと、

あなたの外側もまた、
穏やかな水面のように変わっていきます。

 

それはなぜかというと、

陰と陽は同じ振れ幅で振幅するからです。

荒れれば、もう片方も荒れ、
凪げば、もう片方も凪ぐ、のです。
(詳しい話はまたの機会にしますね)

 

「素直」とは、

あなたの内側の世界も外側の世界も「凪いだ状態」。

「自分」を知り、受け容れ許すこと、が「素直」です。

 

今日のところはこの辺で♡

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
このブログを投票する
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です