消耗し捨てられてしまうエネルギー。

ゆーきちゃん

こんにちは。元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

風俗嬢を完全に廃業した大きな理由のひとつに、

 

現役風俗嬢だったころから感じていた
性エネルギーのパワフルさと、

また、
一般に扱われている性との違和感、
(携わっていた性風俗も含めて)

 

この2つのバランスが保てなくなった、
というのがあります。

 

性エネルギーについて、
少しずつ書いていきたいなと思います。

 

それでははじめていきますね。

 

「性エネルギー」について知る

性エネルギーは、
若返りのエネルギーや高次の霊性のエネルギーを得る手段として、
極めて強力な素材とみなされています。

性エネルギーは、
五行論(ごぎょうろん)という考え方でいうと、
木、火、土、金、水の5つの要素の中の「水」に相当。

「水」は「生命力」をつかさどります。
(「成長」「発育」「生殖」(スタミナ、妊娠のしやすさ)「老化」)

 

今は、多くの人が性エネルギーを誤って使っています。
自分や周りの人を傷つけるように、
また、消耗するように、使ってしまっているのですね。

 

これまで、
気の流れ、特に性エネルギーが流れるための「通り道」
を開いていく方法は、
ごくわずかな人の間で口伝によって残される方法がとられてきました。

極秘とすることで、
性エネルギーの本来のパワフルさを
その恩恵を知るものだけが享受していたのですね。

 

ところが、時代が変わり、

「ヒーリング・ラブ」と呼ばれている
この変容した性エネルギーについて、
知ろうと思えば知ることができるようになりました。

 

性エネルギーの通り道を開き、
そこから性エネルギーの恩恵を得られるようになれば、
「ヒーリング・ラブ」から
真の恩恵を得ることができるようになります。

「ヒーリング・ラブ」の技法を活用すれば、
性エネルギーを保つことができ、
さらに増幅させることもできるでしょう。

 

性エネルギーを増幅させることができると
どうなるかというと、

性の体感を望むままに得られる可能性を高めることができ、
若返りのエネルギーや高次の霊性のエネルギーを得ることも
できるようになります。

 

なにやら魅力的ですよね^^

 

タオのシステムでは、
「生殖器は生命の根っこ」とされています。

あらゆる腺や器官と相互に結びついている、
と考えられているのですね。

「ヒーリング・ラブ」の技法を活用しはじめると、
(主に松果体、脳下垂体)と器官(主に、腎臓、肝臓、肺、心臓)に
密接な関係を感じるようになっていきます。

 

五行と臓腑の組み合わせ

木(肝、胆)
火(心、小腸、心包、三焦)
土(脾、胃)
金(肺、大腸)
水(腎、膀胱)

 

 

女性は月経によって生命エネルギーを失っている。

男性は、射精によって
エネルギーの大半を消耗してしまうとみなされていますが、

女性は、性的な行為ではなく、
月経によって主なエネルギーを消耗すると考えられています。

 

つまり、
房事過多(セックスしすぎ)が日常となっている風俗嬢ではない
一般的な生活を送っている若い女性でも、
月経によってエネルギーが消費されてしまっているのです。

 

たとえば、
12歳で初潮を迎えてから、
丸40年間月経が続いたのち閉経を迎えたとすると、
生涯に経験した月経数は480回(12ヶ月×40年)にも及びます。

 

卵巣は、
「生命を創り出すために必要なエネルギーを完璧に具えた」卵子を、
毎月作りつづけています。
また、受精の着床時のために、子宮内の状態を最適に整えておきます。

それらのために、
日々、大量のエネルギーを作り、使っているのです。

そして、
それらが不要になった場合は、
毎回、月経としてすべて捨てられていきます。

 

具体的には、
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が働き、

それらの性ホルモンがきちんと働くよう、
性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモン)が働いています。
(これらの働きは、脳下垂体によってコントロールされています。)

 

ピルを服用することによって月経を管理している風俗嬢であれば、
日々ホルモンの影響を受けていることを
イメージしやすいのではないでしょうか?

 

生命を創り出すために費やされる生命エネルギーは、
女性が1日に使うエネルギーの30~40%にものぼるといわれています。

もし、性エネルギーを外へ排出しつづけていると、
女性は毎日、生命エネルギーの30~40%を失っていることになります。

生命エネルギーを失う、ということはつまり、
老化する、
生命を生み出す力が弱くなる(望んだ妊娠がしづらくなる)、

ということです。

 

この生命エネルギーを
それぞれの腺や器官、脳や骨髄が必要とする
生命を維持するためのエネルギーに
変容させることができたらいいと思いませんか?

 

それが存在するのです。

 

ではまた次回、この続きをお伝えしていきますね。

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
このブログを投票する
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です