働く場所を「自分にとってぴったりに」、それが人気風俗嬢になる決め手。

ゆーきちゃん

こんにちは。元No.1風俗嬢ゆーきです。

 

お金をかけずに稼ぐシリーズ♡

わたしが入店2ヶ月でNo.1風俗嬢になり、
平均月収150万円をキープしてきた実績と、
「次世代起業家育成セミナー特別編」を見て学んだことを、
ひとつひとつお伝えしています。

 

前回は、
「ターゲット」や「ペルソナ」を設定して、【あなたという価値】を提供しよう!
についてお伝えしていきました。

 

今回は、
「どこで働くか」について
お伝えしていきたいと思います。

 

なぜこのお話をするかというと、

あなたが稼げるようになるには、
「目的」を果たせる場所にいるかどうか、

がとても大切になってくるからです。

 

でははじめていきましょう。

 

働く場所をあなたの「目的」に合わせること。

 

はじめに質問からさせていただきますね。

 

あなたが在籍しているお店は
あなたに合っていると思いますか?

 

この質問をしているのには、
理由があります。

 

まず、

感情として、自分に合っている・合っていない、
を問いているわけではありません。

 

あなたが在籍しているお店で、

あなたの「資質」や「魅力」や「サービス」が
それを欲しがる人に届けることができる場所かどうか、

という意味で質問しています。

 

いかがでしょうか?

 

自分の「資質」や「魅力」や「サービス」が
心から喜んでもらえたらどんなにいいか、

と思いませんか?

 

もし一生風俗の世界にいるつもりでなければ、

 

あなたが決めた一定期間、
お客さまに必要とされながら稼ぎ、

お客さまに惜しまれながら
「次のステージ」に移ることを祝福される、

 

こんな風俗嬢になれたら素敵だと思いませんか?

 

もし、
ほんの少しでも共感できるのであれば、

働く場所をあなたの「目的に」合わせることを、
おすすめします。

 

あなたの「働く場所」を設定するための3つの基準。

 

あなたには、
あなたにしか提供できないものがあります。
あなたにしか届けられない人がいます。

 

だからこそ、

 

あなたは、
「あなたがいるべき場所」にいる必要があります。

 

それは、
あなたの目的を叶えるための
要素のひとつだからです。

 

あなたの「目的」
あなたの「資質」や「魅力」や「サービス」を
それを欲しがる人に届けること。

 

目的を無視したままでは、
すべてがうまくいきません。

 

あなたの「資質」や「魅力」や「サービス」を
それを欲しがる人に届けられない

ということはつまり、

簡単に稼がせてはもらえない上に、
病みやすくもなる、

ということです。

 

  • あなたが提供するものを必要としない人に
    提供しても喜ばれませんよね?
  • あなたが提供するものを必要としている人が
    いない場所にいても提供できませんよね?
  • あなたの魅力が届けられないと
    「魅力がないのかな?」とか頭をよぎりますよね?
  • 稼ぐつもりで風俗の世界に入ったのに
    稼げなければなんとかしたくなりますよね?

 

 

もし、
あなたの「資質」や「魅力」が生かされない
と感じるのであれば、

 

それらを効果的に生かせる「あなたの場所」を
設定する必要があるでしょう。

 

設定する基準となるのは、
以下の3つになります。

 

あなたの「働く場所」を設定する3つの基準

  1. ブランディングが活かせる場所
  2. ターゲティングが活かせる場所
  3. あなたが気持ちよく働ける場所

 

まだ設定していないのであれば、

あなたというブランドはどういうものか、
を設定してみてください。

あなたというブランドを欲しがる人はどういう人なのか、
を挙げてみてください。

 

その2つが定まると、

いま在籍しているお店が
自分の提供するものや提供したい人に
マッチしているか、またはズレているか、
が見えてくるでしょう。

 

その上で、
お店の環境や人間関係が働きやすいかどうか、
を検討すると、

 

むやみに移籍することが無くなります。

 

移籍する際にも、

自分の提供するものや提供したい人に
マッチしているか、
を基準に選ぶようになるので、

選択の精度が上がります。

 

ゆーきちゃんが決めた「働く場所」。

 

ブランディングとターゲティングから
「このお店は自分にぴったり」と思った、

そしてその結果、
平均月収150万円をキープすることができた、

わたしの「働く場所」の具体事例をお伝えしますね。

 

 

ゆーきちゃんが決めた「働く場所」

  • 接客の質に定評のある大衆店(質のわりに安い「お得感」)
  • サービスは「100分コース」のみ
  • お部屋で待機できる
  • ボーイさんの女の子にもお客さまにも丁寧な対応
  • 通いやすい立地

 

 

ブランディングとターゲティングの他に
気をつけたポイントは
主に2つありました。

 

気をつけた2つのポイント

  1. 自分のサービスをいかに安定供給できるか
  2. 「人気がある=高級店でも売れる」ではないとの自戒

 

では、ひとつずつみていきますね。

 

気をつけたポイント①

 

とかく「無理しがちな気質」だったこともあり、

自分のサービスをいかに安定供給できるか
ということにはかなり気を遣いました。

 

ご飯を食べると気持ち悪くなってしまい
パフォーマンスが下がってしまうので、

基本、ごはん休憩は取らず、
1日5本ぶっ通しでした。

 

また、
焦らされるのも、
他の人のエネルギーも
プレッシャーになってしまいやすく、

サービスに支障をきたしてしまうことから、

自分をリセットできる
個室待機できるひとときが
(わずかな時間だったのですが)
本当に貴重でした。

 

あと、これは他力になるのですが、
お店の接客意識の高さに救われていました。

お客さまが安心して来店できることは
その後の接客にもよい影響が及ぶんですよね。

「よい気持ちが引き継げること」は
かけがえのなものだなと思っていました。

仕事終わりの丁寧な対応もありがたくて、
駅までの送迎の車内も無駄口を叩くことなく、
ねぎらっていただけたことは
ただただ感謝でしたね。

 

最後に、
「通勤でわずらわされないこと」、
これは気力体力の温存のために
けっこう重要なことでした。
(でも、最寄り駅のエスカレーターは、
帰りの時間帯には止まってしまっていたのですけれど。。)

 

気をつけたポイント②

 

よくお客さまから
「高級店でも稼げるよ」と
お褒めの言葉をいただいていました。

けれど結果的に、
「あえて移籍しないこと」が
ポイントとなりました。

 

基本、ほめられたら調子に乗ってしまいやすいのですが、

なぜか
「人気がある=高級店でも売れる」ではないとの自戒
だけは徹底していました。

 

高級店にトライしなかった理由は3つあって、

その理由は、

ターゲットとブランディングを変えるメリットよりも
変えるリスクの方が大きい、

と判断したからです。

 

  1. 自分のターゲット層は大衆店向き
  2. 自分のブランディングは、
    高級店の女の子のそれとは異なる
  3. 「今の設定」が自分にとって快適

 

 

どんなに人気が出ていても、
ターゲット層とズレたお店に移籍すると、
最初から集客しなければいけなくなります。

ブランディングについても同じことがいえます。

 

快適に働けていて、
かつ結果も出ているのであれば、

あとは自分の目標に達するまで、
粛々と行動し続けるのみです。

 

これは、
欲を出しすぎなければ、
必ずうまくいくパターンです。

 

方法論を研究して精度が上がっていくと、
とんでもない目標を立てることがなくなります。

 

ぜひ、
あなたにしかできないサービスを
研究してみてくださいね。

 

さて、次回は、

あなたのサービスに
「ニーズ」と「ウォンツ」について、

お伝えしていきたいと思います。

 

また次回も
「お金をかけずに」学んでいきましょう。
楽しみにしていてくださいね。

 

 

にほんブログ村 大人の生活ブログ 風俗嬢日記(ノンアダルト)へ
あなたにこの記事が響いたらクリック。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です